イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

Apache BeamとGCP Dataflowの紹介 APC勉強会#31

2017年10月20日 金曜日


参加申し込みする

※外部サイト「connpass」へ移動します

実施概要

ビッグデータの処理にはいくつか著名な基盤がありますが、それぞれ独自のプログラミングが必要で再利用性がありません。
Apache Beamはこれを統一することができるプログラミングモデルで、更にバッチ処理とストリーム処理の両モードに対応しています。
そしてGCPのフルマネージドデータ処理サービスであるDataflowもこれに対応しており、今後利用が大きく広がる可能性があると考えています。

今回Apache Beamの概念、GCP上で使ってみた所感等を紹介しますので、新しいビッグデータ処理の実装の参考にして頂ければと思います。

・Apache Beam
 ・特徴
 ・特有の概念
 ・開発の流れ、コードの書き方(Python)
・Cloud Dataflowとは
 ・特徴
 ・Dataprocとの違い
 ・Beamとの関係
・デモ
 ・WordCount
 ・他GCPサービスとの連携

登壇者紹介

氏名:山岡 亮
経歴:
 2013年 エーピーコミュニケーションズ入社、システム開発業務を担当
 2016年 新規サービス開発を担当、AWS用CLIツールCloudQuery をリリース

詳細情報

【日程】

2017年10月20日(金)19:00~21:00(18:30開場) 

【タイムスケジュール】

19:00~19:05 ごあいさつ

19:05~20:05 講義

20:05~20:15 質疑応答

20:15~21:00 懇親会(お時間のある方はぜひご参加ください)

*当日のタイムテーブルは変更になる可能性もありますのでご了承下さい。

【場所】

APCオフィス
(東京都千代田区鍛冶町2-9-12 神田徳力ビル3F)

地図はこちらから

【対象者】

・ビッグデータ処理の実装をしている方
・GCPでデータ処理を実装してみたい方

【事前準備および当日持参物】

名刺を2枚ご用意ください。

【参加費用】

無料

参加申し込みする

※外部サイト「connpass」へ移動します

詳細

日付:
2017年10月20日 金曜日
イベントカテゴリー:
Copyright © AP Communications Co., Ltd.