Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

継続的分析設計&現代の並列処理 APC勉強会#28

2016年11月9日 水曜日


参加申し込みする

※外部サイト「connpass」へ移動します

実地概要

発表者:APCommunications社員

本勉強会は、2本立ての内容と内容となります。

(1)継続的分析設計

統一感のない仕様書や設計書無しの引き継ぎプロジェクトに嫌気がさして

比較的楽に仕様書・設計書を作ろうと考えたが

一般的にどのような種類の資料があれば良いのか不安になった。

そこで、分析設計の標準化とアウトプットの標準化を行えるICONIXを採用した。

現在進行中のICONIX採用プロジェクトでわかってきたICONIXのメリット・デメリット・最小限の

有効範囲などを紹介したい。

(2)現代の並列処理

現代の並列プログラミング

マルチコアの時代が来ても、難しい並列プログラミングは普及していません。

しかし最近やっと、誰でも並列プログラミングが使いこなせるようになりつつあります。

なぜそんなことが可能なのかについて話します。

詳細情報

【日程】

2016年11月9日(水)19:00~21:00(懇親会含む) 

【タイムスケジュール】

19:00~19:05 ごあいさつ

19:05~19:25 講義(伊藤、講義内容)

19:25~19:35 質疑応答

19:35~19:55 講義(新田、講義内容)

19:55~20:05 質疑応答

20:05~21:00 懇親会(お時間のある方はぜひご参加ください)

*当日のタイムテーブルは変更になる可能性もありますのでご了承下さい。

【場所】

APCオフィス ECHO
(東京都千代田区内神田2-15-9 内神田282ビル6F)

地図はこちらから
>>[アクセス情報](http://8a1.ap-com.co.jp/)

【対象者】

(1)継続的分析設計

– UMLを実務で使ったことがある人

– 要件定義から開発、保守、テストまで経験がある人

– 引き継ぎ経験のある人(引き継ぐ、引き継がれる)

– プログラミングができる人

– 設計経験がある人

(2)現代の並列処理

– 並列プログラミングなんて難しいことはやりたくない方。

– でもプログラムは速くしたい方。

– 現代の並列ライブラリの原理が知りたい方。

【事前準備および当日持参物】

名刺を2枚ご用意ください。

【参加費用】

無料

参加申し込みする

※外部サイト「connpass」へ移動します

Details

Date:
2016年11月9日 水曜日
Event Category:
Copyright © AP Communications Co., Ltd.